What We Made

ポイントシステムです。 Point system.

Specific areas of blockchain use

ハッカソンではSPVを使用する指定がありました。この点はチャットシステムを導入することに決めました。

There was a specification to use SPVs in the hackathon. We decided to implement a chat system for this purpose.

それ以外はmAPIの使用です。これは正確には異なる手法かもしれませんが、minercraftを使用しました。

Otherwise, mAPI is used. I used minercraft, although this may be a different approach exactly.

ポイントシステムでポイントが移動した履歴を暗号化してブロードキャストしています。

The history of the points moved by the point system is encrypted and broadcasted.

What we can do in the land of Japan

日本は政府への届け出なく、他人のウォレットを管理したり、安易にトークンを発行できません。 このため通常の仮想通貨的なサービスは非常に敷居が高くなります。

Japan does not allow you to manage other people's wallets or issue tokens easily without notifying the government. This makes normal virtual currency-like services very difficult.

そのためビジネスとしての利用はDBとしての利用が最も有効です。 これは実はどの国でも同じではないかと思います。さらにいうと、これを実現するには他のブロックチェーンの選択肢はありません。

Therefore, the most effective way to use it as a business is to use it as a DB. This is actually the same for all countries. More so, there is no other blockchain option to achieve this.

Service Description

仮想通貨のマルチウォレットの様に、複数のポイント導入店を一つのアカウントで管理できます。

Like a multi-wallet for virtual currency, you can manage multiple stores with multiple points in a single account.

Here are some sample codes

mAPI

This is a little different from mAPI, but it is an example of querying a minor with minercraft and pushing it. https://github.com/meta-taro/minercraft

SPV

I have uploaded an example of the SSE server side of SPV. This is an example of an api that creates an account, generates ch and tokens, and then listens for posts. https://github.com/meta-taro/SPV-Event-Server-SSE-

The first video I uploaded.

https://youtu.be/MN3m9-8x2O0

now

https://youtu.be/fH-Foou7yPI

Built With

Share this project:

Updates