盲導犬++

製品概要

背景(製品開発のきっかけ、課題等)

盲導犬を利用希望する人数と,実働している盲導犬の数と間に大きな差があるという問題がある. 原因としては,盲導犬育成にかかる労力,時間,費用が挙げられる. この問題を解決するために,これまでに様々な盲導犬ロボットが提案され,開発されてきている. しかし,費用が高額であることや,盲導犬本来の動きを再現できていないなど問題があり,現実的な 利用には至っていない. そこで,本プロダクトでは安価な価格で,盲導犬本来の動きを再現するドローンを利用した盲導犬代 替システムを開発し,さらに本来の盲導犬の能力を越えた機能もユーザに提供する.

製品説明(具体的な製品の説明)

特長

1. 特長1

   前方カメラを用いた信号認識
   ・赤信号を認識すると停止してくれる

2. 特長2

   盲導犬と同感覚のリードを用いた歩行支援
   ・リードを引いた方向に合わせてドローンが進行方向を変更

img

img

img

img

3. 特長3

   緊急時の救急システム
   ・Moto360を用いて脈拍を測り,危篤状態かを判定
   ・飼い主が緊急時には,電話をかけ,ドローンの視界を家族や医者が見れるようにする

解決出来ること

盲導犬育成にかかる,費用と時間コストの削減
飼い主の緊急時に,家族や医者に状況を伝えることができる.

今後の展望

ドローンの前方カメラで認識できるもの,および精度の向上.
  ・人,自転車,自動車等の接近を伝える.
飼い主が緊急時かどうかの判定方法
  ・現状は脈拍のみから判定しているため,複数のセンサを用いて判定する等
飼い主の緊急時の対応方法の拡張
  ・ドローンが周りの人に知らせに行く
 ・SNSに緊急時であることを投稿
健常者でも用いる価値のある歩行支援
     ・歩きスマホの実現,複数台本システムを用いれば,互いにぶつからない歩行が実現可能(この場合は,リードに引っ張られて歩く.)

注力したこと(こだわり等)

  • 盲導犬を利用したい人,及びかつて利用していた人が使いやすい歩行支援感覚
  • 盲導犬の能力を超えたユーザ支援機能

開発技術

graph

活用した技術

API・データ

フレームワーク・ライブラリ・モジュール

  • Node.js
  • openCV
  • Twillio

デバイス

  • ARDrone
  • Android Wear
  • Android 端末

独自技術

ハッカソンで開発した独自機能・技術

  • 実際にドローンを操作しているかのようなインターフェース.
  • 緊急時に電話をかけ,ドローンの視界を提供する.

製品に取り入れた研究内容(データ・ソフトウェアなど)(※アカデミック部門の場合のみ提出必須)

Share this project:
×

Updates