Shock Sticks

製品概要

早食い抑圧のためのスマート箸

Eat×Technology=EaTech

背景(製品開発のきっかけ、課題等)

現代人の抱える悪習「早食い」。早食いを続けると、肥満・下痢・虫歯・老化などにつながってしまう。
このままでは現代人が免疫力の低いゴムボールになってしまうのも時間の問題だ...
そんな彼らを助けるために、我々はIoTを駆使した画期的なデバイスを解決したのであった。

製品説明(具体的な製品の説明)

Shock Sticks_system  

Shock Sticksはマイコンを備えた箸とウェブアプリから構成される。
箸には速度情報のとれる加速度センサと電流を流す電極が搭載され、それぞれがラズベリーパイにつながって制御されている。
箸が素早く動く(つまり早食いをする)のを感知するとラズベリーパイから電流を流す命令がおりる。
また、早食いデータをラズベリーパイからサーバに送信し、ウェブアプリケーションとして過去の早食いデータをグラフィカルに閲覧することも可能である。

特長

1. 早食いをすると電流が箸から流れてくる

2. 早食いデータをウェブアプリでみることができる

3. 将来的に、早食いデータをビッグデータ解析

解決出来ること

  • 早食いによる肥満化や生活習慣病の防止

今後の展望

  • Shock Sticksの小型化
  • ウェブアプリサービスの拡張

注力したこと(こだわり等)

  • トラウマにならない程度の絶妙な電圧レベルに人体実験より調整した

開発技術

活用した外部技術

API・データ

フレームワーク・ライブラリ・モジュール

サーバー
  • ubuntu 16.04LTS (Azure)
バックエンド
  • Ruby on Rails (gem: Devise + Grape)
  • SQLite3
フロントエンド
  • Onsen-UI
  • React.js
デバイス
  • Raspberry Pi

独自技術

期間中に開発した独自機能・技術

  • 独自で開発したものの内容をこちらに記載してください
  • 特に力を入れた部分をファイルリンク、またはcommit_idを記載してください(任意)

研究内容(任意)

  • もし、製品に研究内容を用いた場合は、研究内容の詳細及び具体的な活用法について、こちらに記載をしてください。
Share this project:
×

Updates