Tripper

製品概要

背景(製品開発のきっかけ、課題等)

製品開発のきっかけはいつもご飯を食べる場所に悩む…という課題でした。 特に渋谷、新宿などのお店の多い箇所、観光場所の多い場所では行く場所が決められずに、結局はいつも同じ場所に行ってしまうという、実体験をもとにした課題を解決するために本サービスを開発しました。

製品説明(具体的な製品の説明)

サービスの使い方は非常にシンプルで、自分の行きたい場所でタップボタンを押すだけです。 すると自分の今の場所から今日の日程を作ってくれて、今日のツアースケジュールを提供してくれるというサービスです。

  • 自分の行きたい場所からツアーを開始できる
  • おすすめのスポットを近いところからつなげて、自分だけの日本ツアーが作れる
  • 昼食時間や夕食の時間も自動的に判定して、おすすめのお店をツアーに組み込める

特長

1. 自分の今いる場所からすぐに始められる

遊びや食事などで行く場所に迷ったら、すぐに今いる場所から本サービスを使って出かけることができます。

2. スポットチェーン

地図上からおすすめのスポットを近いところを判定してつないで、移動の労力は最低限で楽しむことができます。

3. スケジューリング機能

1日に行ける場所を移動時間や経過時間から判定して、良いタイミングで昼食や夕食などをスケジューリングしています。

解決出来ること

  • 外国人などが日本に来た際、新たな観光スポットを発見をする手助けになる
  • 自分でお店や出かける場所を選ぶ手間を省くことができる
  • 出かける時に自分で計画する必要がなくなる

今後の展望

外国人旅行客が増える中で、外国人旅行客がガイドブックに乗っているスポットやお店に集中している姿が多く、これから東京オリンピックを控えた日本でもっと日本の素敵なスポットや街をもらいたいと考えています。 実際にスケジュール通りに行動してみて、新たな発見があったかどうかをサービス内でシェアすればガイドマップなどにはない面白いスポットを見つけることができる。

注力したこと(こだわり等)

  • なるべく近い場所どうしをつなげて、無駄な移動時間などを減らす努力をした。
  • 使い方シンプルにすることで、日本語のわからない外国人にも使いやすいようにした。

開発技術

活用した技術

API・データ

  • Google Place API
  • Google Map API
  • Google Distance API

フレームワーク・ライブラリ・モジュール

  • nginx
  • Flask
  • vue.js

デバイス

  • PC

独自技術

ハッカソンで開発した独自機能・技術

スケジューリングアルゴリズム

製品に取り入れた研究内容(データ・ソフトウェアなど)(※アカデミック部門の場合のみ提出必須)

  • なし
Share this project:
×

Updates