Sound Direction

team-9

Problem for hearing-impaired

In Japan, it is now possible for hearing-impaired people to obtain a driver's license.However, there are many problems for hearing-impaired people in driving a car. In particular, it may be difficult to detect danger while driving because voice information is not included.

Where come from?

If you can't hear it, do you know where the police car will come from?

ex. Sometimes I couldn't actually hear the police orders and I was chased all the time without thinking of myself.

In the U.S., there is a hearing-impaired person who was shot and killed by a police officer because he could not hear the siren of a police car.

Making hearing impaiered drivers safely

That's why we thought of something that would allow us to "drive safely without hearing."

It's “Sound direction” This will indicate the direction and type of sound when the device recognizes an emergency vehicle.

First, pick up the sound with the installed 4-way microphone. When the microphone picks up the sound, the phase difference is examined to estimate the direction. It also discriminates sounds through machine learning.

After the device analyzes the type and direction of the sound,The handle vibrates,At the same time, the monitor shows the type and direction of the emergency vehicle.

Microphone

This is the main body of the device.There is a microphone inside the cover.

Ease implementation

  1. No need to modify
  2. Easy to retrofit
  3. Attached to any car (*)

(*)In Korea, there was a POC with a similar product to Sound Direction, but it required major modifications to the car, such as changing the steering wheel.

Vision

With such a device, it would be possible for hearing-impaired people to drive safely without being chased by police cars.

sounds-direction is also useful for the elderly who are hard of hearing.This product is in demand all over the world.

Development

Hearing-impaired people are prone to careless mistakes such as forgetting to remove the key because they cannot hear the sound alert. We want to be able to take these measures as well.

It seems that the mechanism for processing ambient sounds for autonomous driving is not well thought out.If this device can be developed successfully, it may give us insights that will enable safer autonomous driving.

Ethical Considerations

Regarding safety and protection of personal information in demonstration experiments, we plan to consider in accordance with company regulations when conducting demonstration experiments with companies.

Practical Viability

We will carry out crowdfunding based on this video and make a prototype.

Some team members have a network of people with disabilities, so we plan to work with disability organizations.

We propose prototypes to automobile manufacturers and aim to put them into practical use.

Sound Direction

team-9

聞こえなくて困ること

日本では聴覚障害者が運転免許を取得することが可能になりました。しかし、聴覚障害者が自動車を運転する上で困ることは数多くあり、なかでも音声情報が入らないことで運転中に危険を察しにくいことがあります。

どこから来るのか?

パトカーが来たらどこからかわかりますか? ex.実際に警察の命令が聞こえず、自分のこととは思わずにずっと追いかけられることもありました

アメリカでは、パトカーの音が聞こえなかった為に聴覚障害のある人が警察官に射殺されたケースもあるようです。

聞こえなくても安全な運転を!

そのため、私たちは、「聞こえなくても安全な運転」ができるものを考えました。 それが“Sound direction”です これは緊急車両の音が聞こえたら、方向と種類を示してくれる物です。まず、音が聞こえたら、車の上に設置した4方向のマイクで音を拾い、その位相差から方向を推定します、また機械学習を通して音の判別を行います。音の種類と方向がわかったら、ハンドルを振動させ運転手に近づいたことを伝え、モニターに緊急車両の種類と方向をしめします。

マイクロフォン

メイン装置はカバーの中にマイクが入っているものです。

特徴

この装置には以下のようなメリットがあります。

  1. 車を改造する必要がない
  2. 装着が容易
  3. どんな車にも取り付け可能 ※韓国では、Sound Directionと同じような製品を使ったPOCがありましたが、ステアリングホイールの変更など、車の大幅な改造が必要でした。

ビジョン

以上の装置があればパトカーがどこにいるかわかるし「聞こえなくても安全な運転」ができるのではないのでしょうか?

また、sounds-deirectionは、耳が聞こえにくい高齢者にも便利です。世界中で需要のある製品です。

発展

また、聴覚障害者は音によるアラートが聞こえないことで、ウィンカーの消し忘れやライトのつけっぱなし、鍵の抜き忘れなどのケアレスミスが発生しがちです。これらの対策もできるようにしたいです。

現在、AIによる自動運転の技術は著しく向上していますが、自動運転に周囲の音を処理する仕組みはあまり考えられていないようです。この装置がうまく開発できれば、より安全な自動運転が可能になるような見識が得られるかもしれません。

倫理的配慮の観点

安全性や実証実験の個人情報保護については、企業と実証実験をする際に、企業の規定に従って配慮する予定です。

実現の可能性

この動画を元にクラウドファンディングを行い、試作をつくります。チームメンバーには、全国的な障害のある人のネットワークを持つ企業があるので、協力してもらう予定です。試作を自動車メーカーに提案し、実用化を目指します。

Built With

  • x
Share this project:

Updates