+Message

Deploy to Salesforce

はじめに

Salesforce1でChatterメッセージを利用するためのアプリケーション

これまでSalesforce1でChatterメッセージを利用できないことで、社員間のメッセージングがLINEなどのコンシューマ向けサービスなどのシャドーITで行われ、セキュリティリスクになっていました。

+Messageは、Salesforce1でChatterメッセージを利用できるようにするためのアプリケーションであり、シャドーITによるセキュリティリスクを緩和します。加えて、メッセージングも含めてSalesforce1上で完結できるようになり、ユーザとしての利便性も向上します。

+Messageを利用することで、メンバーとやりとりしている会話一覧を表示し、会話中でやりとりしているメッセージを手軽に見たり、メッセージを投稿したりすることができます。新たに会話を始める場合、宛先となるメンバーをリスト中からタップして選ぶことができます。

デモンストレーション

インストール方法

  1. ソースコードを組織にデプロイします。
  2. [設定]>[管理]>[トランスレーションワークベンチ]>[翻訳設定]で言語=「日本語」を有効にします。
  3. [設定]>[管理]>[モバイル管理]>[モバイルナビゲーション]で「メッセージ」をナビゲーションメニュー項目に追加します。

※ ユーザの言語を「日本語」以外に設定することで英語表示に切り替わります。

アーキテクチャ

Salesforce1で動作するHTML5アプリケーションです。 画面はVisualforceで実装し、JavaScript Remoting経由でChatter in Apexを呼び出しています。

利用している主なライブラリは以下のとおりです。

利用しているツールは以下のとおりです。

ライセンス

Copyright © 2014 Akira.Kuratani.

MIT License

Share this project:
×

Updates