MAKASETAINER アプリ概要

困ったことをリアルタイムで解決してくれる、Herokuアプリ「MAKASETAINER」。
各カテゴリの専門家が、ユーザーの位置情報を元に、精度の高いオススメ情報を教えてくれます。

MAKASETAINER デモ概要

① herokuアプリ - 投稿

  1. アプリを起動し、グルメカテゴリーにあっさりで有名なラーメン店を質問。
  2. 「マカセテーナーズ」(グルメ担当:Chatterメンバー) からの連絡を待ちます。

② SFDC

  1. PHPからREST APIを使用し、ユーザーの入力した「困ったこと」をSalesforceのオブジェクトに登録します。

  2. 端末の位置情報も送信されるので、緯度・経度を元に、GoogleMaps APIで地図を表示。困っている人がどこにいるのかもわかります。

③ chatter

  1. Apexで作成したChatter Post用APIクラスで、オブジェクトに登録されたデータをChatterグループ「グルメ」にPOSTします。
  2. 位置情報を元に、「マカセテーナーズ」(グルメ担当:Chatterメンバー)は オススメのラーメン店をChatterにコメント投稿します。
  3. 複数人、複数端末からChatterにコメントを投稿することが可能です。
  4. 投稿されたコメントは、Apexで作成したChatter Get用APIクラスで、オブジェクトのコメント情報として更新されます。

④ herokuアプリ - コメント表示

  1. Angular.js でSalesforceオブジェクトのレコードをポーリングし、コメント情報の更新があったタイミングで、Herokuアプリ上にコメントを表示します。
  2. コメントをもとにお店にむかいます。Have a nice day!!
Share this project:
×

Updates