概要

国民の権利である選挙への参加。 でも、大多数の若者は、支持する候補者や政党が決まっているわけではありません。

「この政党の経済政策は支援したいが、安全保障に関してはあの政党なんだよなあ...」 「支持できる候補者なんていないんじゃないだろうか?」 「かといって白票は義務を放棄したようで後ろめたい...」

そんな声が多いのではないでしょうか。

LotteryVoteは、こういった選挙に関する投票者のあいまいな心境を解決し、最終的にどの候補者に投票すべきか、投票者の意思決定支援を行うWebサービスです。 投票率を向上させることによって、若者の意見がもっと政治に伝わるようになることを目指します。

中身について

Salesforce Community (Community Cloud) および Salesforce1 の機能を使って、選挙について討論できるモバイル対応のコミュニティWebサービスが簡単に作ることができます。

単なるコミュニティだけではなく、投票者が仮想的に「分割投票」を行うことができるようになっています。分割比率はタッチインターフェースでモバイル端末からでも直感的に操作することが可能です。

さらに「伝播投票委任」のアイディアを一部取り入れており、コミュニティ内の信頼できる人に自分の一部の投票権を分割して委任することもできます。

※ 伝播投票委任システムについては なめらかな社会とその敵 にて提案されています

LotteryVoteサービスは、投票者が設定した支持率を計算し、最終的にどの候補に1票を投票すべきかを(最終的に計算して得た比率に応じて乱択で)決定します。

Built With

Share this project:
×

Updates