MEZAMASHARE(めざまシェア)

製品概要

MorningTech

めざましをシェアするアプリです。 2人以上で使うことができます。 アラームが鳴るまでは普通のめざましアプリですが、最初に決めたグループ内のユーザ全員が起きないと、アラームを止めることができない連帯責任を伴うようになっています。

背景(製品開発のきっかけ、課題等)

アイデアが出た当時…

例えば数人のグループでどこか待ち合わせをした時によくあることは、その日の待ち合わせに間に合わない人が出てくることであり、それの原因の大半は寝坊であること。(特に普段早く起きれない人)

となれば、めざましアラームをグループ全員で止めないといけないという制約をもたせれば、お互いに起こし合うことができて、結果全員早起きできるようになると寝坊が減ることにつながることになるのではないかと考え、このようなアプリを作ることになった。

MorningTech(=朝に楽しみを作る)

朝(Morning)はみな平等に訪れるもので、人間は夜寝て朝起きることが当たり前です。そんなみんなの朝を楽しく、そして何より早起きすることの素晴らしさを、アプリを通して実感できるようなしくみにしてみました。これが私達の提唱するMorningTechです。

製品説明(具体的な製品の説明)

特長

1. グループ内のユーザが全員起きないと、アラームを止めることができない

アラームがなって止めようとするアクションを全員が実行しなければアラームはなり続ける。

2. 早起きできた人は特権として、寝てる相手に音声スタンプを送りまくれる

早起きできた人は、まだ寝てる人に向けて音声スタンプを送り、起床を促します。

3. 格ゲーを匂わすUI仕様

LINEでスタンプ連打する間隔で音声スタンプをリアルタイムに送信。FIGHTの掛け声や、全員起床後(ゲーム終了後)のステージクリア画面も格ゲー風にしてみました。

解決出来ること

  • 早起きが苦手な人でも楽しく早起きができるようなきっかけとなる
  • グループでの集合時間を守れるような仕組みをつくることができる

今後の展望

朝何時に起きやすいかをヘルスケア機能的にログを取っておけば、このユーザは何時によく起きるということがわかります。それらのデータベースがあれば、例えば朝5時に早起きできる人と、朝5時に起きたいけど、ついつい二度寝、三度寝…してしまう人とマッチングする機能を実現することができ(=自動的に対戦相手をマッチング)、互いに早起きし合うことができ、早起き苦手な人でも楽しく起きることができるのではないかと考えています。

注力したこと(こだわり等)

  • 全力で二度寝させないための音声スタンプ

    • 早起きした人は爽快に、寝てる人には不快にして起床を促します。
  • Skywayを用いてリアルタイム性をもたせ、遠隔でゲーム間隔で操作することが可能

開発技術

活用した外部技術

Dev env

  • Xcode 8.1
  • Swift 3.1

API・データ

  • Skyway

Used library

  • SkyWay-iOS-SDK
  • realm-cocoa
  • SwiftyJSON
  • SimpleAnimation

デバイス

  • iOS端末
Share this project:
×

Updates