Japanese: 【インスピレーションの元となる問題】 お金を返してくれない友達(?)がいる。という問題を抱えたメンバーがいた。 既存のP2P金銭授受の記録サービスがあるが、それは特定のサービス内でしか記録が残らないため、返済履行の強制力に欠ける。

【なぜブロックチェーンか?】 未来永劫記録に残るようなところに記録するのであれば、きっちり返したかどうかというのが非常に重要になる。 ブロックチェーンの「パブリックに記録を未来まで残すことが可能」という特性を利用できる。

【サービス概要】 ・モバイルWebアプリケーションとしてサービスを利用し借用書を作成する。 ・貸し手、借り手双方が同意した際にその記録がERC721トークンとして作成され、Ethereumブロックチェーン上に記録される。 ・返済時も、貸し手、借り手双方が同意した際にERC721トークンのステータスが変更され返済済みとなる。

【利用技術】 ・Ruby on Rails ・Solidity ・PostgreSQL

【学習したこと】 ・Ruby on RailsでSolidityを実行することができる。 ・Ethereum関連の最新の情報が足りず、見つけるのが困難。 ・Hackathonは楽しく刺激になるということ。

【困難だったこと】 ・RubyからSolidityをDeployするのがかなり大変。ethereum.rbの依存関係など ・Version、依存関係の苦しみ。 ・開発環境をチームで揃えることの難しさ。 ・役割分担をして仕事することの。

English: 【Issues that are the source of inspiration】 There is a friend (?) Who does not return money. There was a member who had the problem that. There is an existing P2P financial transaction record service, which lacks the force of repayment because it is only recorded within a particular service.

[Why a block chain? ] It will be very important if you record exactly where you want to keep it in the future. It is possible to use the property of "can keep records in the public until the future" of the blockchain.

[Service outline] Create a borrowing document using the service as a mobile web application. When both the lender and the borrower agree, the record is created as an ERC 721 token and recorded on the Ethereum block chain. -At the time of repayment, when both the lender and the borrower agree, the status of the ERC 721 token is changed and repayment is completed.

【Technology】 ・ Ruby on Rails Solidity ・ PostgreSQL

【What I learned】 -You can run Solidity with Ruby on Rails. ・ It is difficult to find the latest information related to Ethereum. -Hackathon is fun and exciting.

【Difficulty】 ・ It is quite difficult to deploy Solidity from Ruby. dependency of ethereum.rb etc ・ Version, suffering of dependency. ・ It is difficult to arrange development environment in a team. ・ It is to work by sharing roles.

Share this project:
×

Updates